MENU

 ネトナンでパコパコが楽しめるようになり、あれほどあった欲求不満も解消されました。
しかも自分のやりたかったプレイが可能なのだから、デブ先輩から教えてもらった出会い系を使って良かったなって感じでした。
順調過ぎるぐらいにSMパートナーを発見できて、定期的にラブホテルでヤリまくってしまっています。
3人目のセフレ候補者が現れて、やりとりを続けることになりました。

 

 PCMAXでメール交換をしてその後はSkypeを使い、オナ電になったのが20歳の看護学生の超キュートな女の子でした。
彼女の場合かなりエロい性格のようで、ビデオ通話まで許可してくれてオナニー姿を見せてくれました。
雌奴隷になりたいという完全なドMの女の子ですから、何とかリアルでと考えて交流を続けました。
知り合ってから1カ月後、無事にラブホテルに行く約束になりました。
目の前で見ても超キュートなルックス、めちゃくちゃテンション上げながら移動していきました。

 

 看護学生のオマンコの毛を全て剃毛、鼻フックや目隠しもしていきました。
形の良い尻を赤くなるまでスパンキング、燃え上がるように快楽を味わってくれていました。
緊縛してからはいつものように電マでオマンコ責めです。
何度アクメを感じさせても、刺激を続けてあげました。
激しい勢いでマン汁は吹き出してくるし、彼女の乱れ方は本当に雌豚だなって感じでした。
素敵な性奴隷を自分のものにできて大興奮の生挿入でした。
ピルを飲んでいる事も確認しましたから、思い切り大量のザーメンを膣の中で中出ししていけました。

 

 ずっと男子校で出会いがなかった自分だけど、先輩が利用してプレイメイトを探しだした出会い系を使ってみて良い結果を生むことができました。
実際に使ってみた感想として、確かにエッチな素人の女の子がいます。
交流方法さえしっかりやっていけば、リアルな関係も誰にでも作れるって言えるんじゃないかって思います。
自分にしてもデブの先輩にしても、セックスだけの女の子を作っているのですから。